2022.9.25

挙式間近の花嫁さま必見!
ベールダウンの正しい姿勢

こんにちは。

今回もウエディングサロンイノウエのHPを

ご覧いただきありがとうございます!

 

最近の挙式の演出として人気の高い「ベールダウン」

 

実際にスタイリストが、新婦さまとお話ししている際にも

「ベールダウンをするのが憧れ」

「お母さんにベールダウンをしてもらうのが楽しみ」などと

お声をいただくことが多いです。

 

 

本日は、そんなベールダウンについてご紹介させていただきます。

 

 

まず、ベールダウンとは挙式直前に新婦さまのベールを

お母様や大切な方におろしてもらうセレモニーです。

 

基本的にベールダウンは「魔除け」の意味があり、

ベールをおろして花嫁さまの顔を隠すことで

「邪悪なものから身を守る、純潔な花嫁」という意味があります。

 

その他にも、このベールをおろすという役務が

お母様がしてあげる最後の身支度という意味も込められており

「幸せになってね」という親からの気持ちも込められています。

 

親御さまにとっても、今までの家族との思い出や子育ての思い出が

こみ上げ感動的な瞬間になるかもしれませんね。

ベールダウンの時間は一瞬ですが、普段はなかなか口に出来ない

気持ちを伝える大切な機会でもあります。

是非、素敵な瞬間にしてください★

 

そんなベールダウンの瞬間は、カメラマンもゲストも

シャッターをきるタイミングです。

ベールダウンの瞬間をより美しく魅せるコツをお伝えいたします!

 

 

 

●NGパターン

 

●足を曲げずにまっすぐ立っている

●上半身が前屈みになっており、頭が下がっている

 

 

このような状態だと

上半身が猫背に見えてしまい、肩も内巻になるので

全体的にだらしなく見えてしまうことも...

また、下腹がポッコリしてしまうのでタイトなラインを

お召になる方はより注意が必要です!

 

 

●OKパターン

 

●どちらかの足を前に出し、膝をしっかりと曲げる

●上半身はしっかりと背筋を伸ばし腰から前に倒す

●頭は背筋の延長線でキープ(目線は下に落とすとより◎)

 

 

こうすることにより

腰から頭が一直線でよりスタイルが良く見えます

また、背筋を正すことによりお腹まわりもすっきりと見えます!

 

当日は、新婦さまは高いヒールを履くこともあり

お母さまの身長を越すことが多いです。

お母さまの身長よりも高い位置でベールダウンをしようとすると

やりづらく、時間がかかってしまいます...

 

ベールダウンの際は、お母さまの身長よりも

少し低い位置まで膝を曲げ合わせましょう!

 

結婚式当日はどうしても緊張してしまうので

事前にしっかりと練習してより素敵な写真を残してくださいね★

 

今回はベールダウンについてご紹介させていただきました!

ウエディングサロンイノウエでは、

打ち合わせの際に当日、新婦さま・新郎さまが

より美しくみえるポイントをしっかりとお伝えいたします!

その他の姿勢・ブーケの持ち方はこちらから

https://ws-i.jp/blog/blog/5708/

 

 

ウエディングサロンイノウエで

衣裳合わせを、より濃いお打ち合わせにしませんか?

皆さまのご来店をお待ちしております。

https://ws-i.jp/reservation/

 

 

ウエディングサロンイノウエ